サイトメニュー

施術前の注意点

医者

カウンセリングの活用

最近の美容クリニックでは様々な治療が可能になっており、ほくろ治療も簡単にできるようになっています。それぞれのクリニックで治療法は変わってきますが、そう大きくなければその日の内にキレイになれる可能性もあります。ただ、ほくろ治療が初めての方の中には、色々と不安に駆られる人もいるかもしれません。そんな方は、事前に気になる点をチェックしておくとよいです。人によって気になる点は異なりますが、多くの方が感じているのが痛みではないかでしょうか。確かに治療になりますのである程度の痛みは伴いますが、ほくろの場合、痛いのは最初の麻酔を行う時だけです。ただ、これも我慢できるレベルのものですので、そう心配する必要はありません。また、麻酔が切れた後の痛みを気にする人もいるかもしれませんが、その点についても問題はなく、たとえ麻酔が切れても痛みを感じることは全くありませんので初めての方も安心できます。痛みについてはネット上の口コミや体験談などでも確認できますので、気になる方は施術前に一度確認しておくとよいです。また女性の中には、ほくろ治療をした日や、その後のメイクが気になる人もいるはずです。治療後のメイクですが、これも特に問題はありません。ほくろの治療を行う際は、事前にいくつか準備をしておく必要があります。そのひとつが、治療当日の持物です。ほくろを取る際に必要な持ち物は色々とありますが、その中でも大切なのがマスクです。治療する患部にもよりますが、ほくろを除去した部分にはテープを貼ります。その肌色テープが結構目立ちますので、マスクがあると助かります。特に気にならない方、あるいは除去したのが1つであるとか、髪に隠れて見えないのであればいいのですが、顔のほくろを取る際、特に頬の場合は用意しておいたほうが良いでしょう。他のものは施術内容によって異なり、場合によっては印鑑が必要になることもあります。その他に必要なものは、事前のカウンセリングなどでクリニック側から連絡がありますので、メモなどしておくとよいです。また、除去した後の生活の仕方も大切です。こちらも様々なことがありますが、その中でも注意してもらいたいのが日焼けです。ほくろ除去した部分は周囲の肌と比べて非常に敏感になっており、特に日に焼けやすくなっています。日焼けをしてしまうと再発する可能性が多いので、普段の生活には注意が必要です。